対策を進める|関東地震に備えて生活しよう【予測サービスを活用】

関東地震の予測サービスは震災対策としても役立ちます

対策を進める

ファミリーと防災グッズ

これからのために

記憶に新しい大震災の教訓を今後の生活に活かしていくことが大切になってきます。大都市など、人口密度が高いエリアに住んでいる場合は、とくに注意していく必要があるでしょう。また、海抜が低い地域にすんでいる場合も、普段から津波に関する注意報や、避難先を確認しておくことが必須となります。

対策を立てる

首都が大きな関東地震に見舞われた場合は、国家を根本から揺るがしてしまう一大事となります。しかし、プレートの関係から日本は地震が起こりやすいという事実からは逃れられません。私たちは、しっかりと来るべき日を予測して対策していくしかないのです。

いざというときでも安心

防災グッズを用意しておくことも大切です。非常食や水、簡易トイレ、懐中電灯といった有事に役立つアイテムを専用のリュックに入れて準備しておきましょう。また、生活必需品のほかにも思い出の品や、大切な貴重品をすぐに持ち出せるようにしておくのも一つの案になります。

避難先

巨大地震が起こった場合は、避難することになります。避難先や避難ルートを日頃から確認しておきましょう。自治体では、防災マップを配布しているところも多いです。また、緊急時において家族と集合する場所を決めておくといったことも大切です。

避難生活で役に立つアイテム

no.1

食品用ラップフィルム

食器にかぶせて使えば、水不足でも食器を洗わなくていいため重宝します。もちろん、食品を包む本来の役割でも使えます。

no.2

段ボール

避難スペースの間仕切りにしたり、布団の下に防寒対策として敷いたりといろいろと使えます。

no.3

耳栓

多くの人と集団で避難生活することになるため、騒音で眠れないという声も聞かれます。そこで耳栓があれば便利というわけです。

no.4

ウェットティッシュ

水がなくてシャワーができない場合でも、ウェットティッシュで身体を拭いたりすればサッパリとリフレッシュができます。

no.5

毛布

防寒対策としても必要不可欠なアイテムですが、避難所でプライバシーを守るためにカバーとしても使えます。